髪の毛にするべき紫外線対策

  1. HOME
  2. 美容師がアドバイスする髪のこと
  3. 髪の毛にするべき紫外線対策

スペシャルメニュー

髪の毛の日焼けにご用心! 髪の毛にするべき紫外線対策

太陽から放射される目に見えない紫外線(UV)。お肌の老化を進行させるこの紫外線を遮るため、多くの方が日焼け止め化粧品を使って顔や首、手足のケアをしていますよね。

では、髪や頭皮の紫外線対策はどうでしょうか? 太陽の光を浴びている髪や頭皮も、実は顔や手足と同じように強いダメージを受けているのです。取り返しがつかなくなる前に、講じておきたい紫外線対策をご紹介します。

 

 

紫外線が多く降り注ぐ時期は……

 

1年のうちで、紫外線量が多くなるのはいつ頃だと思いますか? 紫外線=太陽=真夏!ということで、7、8月と考えている方が多いのではないでしょうか。確かにピークは真夏ですが、紫外線量が増え始めるのは5月頃から。そこから9月にかけて、最大で冬の3倍以上にも及ぶ紫外線が降り注ぐのです。

 

そして、1日のうちでもっとも紫外線量が多くなるのは正午頃。この時間帯だけで、1日当たりの紫外線量の大半が放出されると言います。

 

これらは晴れた日のデータですが、たとえ曇っていても油断は禁物! 曇りの日でも紫外線は降り注いでいるので注意が必要です。

 

 

紫外線が髪や頭皮に与える影響

 

紫外線がお肌に悪いことは有名です。しかし、髪や頭皮にまで悪影響を及ぼすことは意外と知られていないかもしれません。紫外線を長時間浴びることによって肌の老化が進むと言われていますが、それと同じことが、髪や頭皮にも起きているのです。

 

紫外線を浴びると、髪の毛の表面を覆うキューティクルがダメージを受けます。すると、髪は乾燥してパサつくだけでなく、髪の毛同士の摩擦や絡まりを引き起こして傷んでしまいます。

また、髪の主成分であるたんぱく質が紫外線や熱によって変質することで、切れ毛や枝毛といったトラブルにもつながってしまうのです。

 

そして、頭皮への影響はもっと深刻! 頭皮へと入りこんだ紫外線は、毛髪を作る毛母細胞に異常を起こさせ、抜け毛を引き起こします。

さらに、髪を黒くする色素を生成する「メラニン細胞」もダメージを受けるため、若くして白髪交じりになる場合も……。

もちろん、他の部分のお肌と同じく頭皮も“日焼け”をするのでヒリヒリとした痛みを感じることもあるでしょう。

 

髪には頭皮を保護する役割がありますが、頭皮へのダメージによる抜け毛のせいで頭皮がむき出しになれば更なるダメージを負うことに。これこそまさに「悪循環」というわけです。

 

 

髪や頭皮の紫外線対策

 

紫外線から頭皮を守るためにはどんな対策をすれば良いのでしょうか? ここで具体的に挙げてみましょう。

 

・帽子をかぶる

通気性がよく蒸れない帽子がおすすめ。ロングヘアの方はつばの広いものをかぶって髪をまとめると、紫外線を避けることができます。最近では折りたたんでカバンにしまえる便利な帽子もあるのでぜひ活用したいところ。

 

・日傘を使う

帽子だと髪型のセットが気になるという方は、UVカット効果のある日傘を使うと良いでしょう。外側も内側も黒いものを選ぶと、太陽からの紫外線、地面から照り返す紫外線も吸収し、髪と頭皮を二重に守ります。

 

・UVカットスプレーをする

最近ではお肌だけでなく、髪や頭皮に使えるUVケア商品も販売されています。まだ認知度が低く品揃えも少ないものの、年々品数は増えており、ドラッグストアやインターネットの通販サイトなどで簡単に購入することが可能です。ただし、お肌用のUVケア商品ものと同じく、寝る前にきちんと頭を洗って薬剤を落とす必要があります。

 

・トリートメントなどでケアをする

UV対策をうっかり忘れて髪が傷んでしまったら、トリートメントで優しくケアをしてあげましょう。アートノイズのトリートメントには、世界で初めて毛髪改善成分として認められた「ペリセア」を限界まで濃くした成分が利用されています。また、毛髪の主成分であるタンパク質を補う「ケラチン」の原液が使われているため、大きなダメージを負った髪にもツヤとハリを与えてくれますよ。

 

 

切れ毛や枝毛、抜け毛に白髪……。紫外線が引き起こすトラブルは枚挙にいとまがありません。上記の対策をしっかりと行い、サラサラの髪と健康な地肌を保ちましょう。

 

 


PAGE TOP