枝毛と切れ毛を防ぐ毎日のケア方法とは?

  1. HOME
  2. 枝毛と切れ毛を防ぐ毎日のケア方法

スペシャルメニュー

枝毛と切れ毛を防ぐ毎日のケア方法とは?

枝毛や切れ毛に悩んでいる女性は多いと思いますが、きちんとケアしていると思っていてもなかなかゼロにするのは難しいと言えます。そもそも枝毛や切れ気の原因はなんなのでしょうか。ここでは枝毛や切れ毛の原因、予防などのケア対策をご紹介します。

 

枝毛や切れ毛ができてしまう原因

 

枝毛は、髪の先端が気の枝のように裂けてわかれてしまうことを言います。髪先がVサインのように分かれている場合もあれば、髪の途中から長く裂けてしまうような症状もあります。また、切れ毛は髪の毛が途中で折れたり切れたりしてしまうことです。毛根ごと抜けてしまう抜け毛とは違い、髪が傷んでしまったために起こる現象です。原因としては以下のようなものがあります。

 

髪の毛へのダメージ

髪に直接ダメージを与える原因として、紫外線・熱・静電気などがあげられます。例えば夏場に帽子などをかぶらないまま屋外に出てしまうと、太陽の直射日光を髪の毛で受け止めることになってしまいます。また、熱にも弱いためドライヤーの使い過ぎも枝毛や切れ毛発生のリスクが高くなります。あまり知られていませんが静電気も大敵です。髪をセットしたり整えたりする際、プラスチックやナイロン製のくしを使うと、摩擦で静電気が発生しやすくなり、静電気の衝撃で枝毛や切れ毛が発生することがあります。

 

ストレス

仕事やプライベートな悩みでストレスがたまると、体内の自律神経やホルモンバランスが崩れ、枝毛や切れ毛になりやすくなります。一般的に髪を健康に保つためには「エストロゲン」とよばれる女性ホルモンの働きが重要と言われています。ストレスがかかるとこのエストロゲンが減少してしまい、髪の健康が失われて枝毛や切れ毛が多くなります。

 

髪の毛の栄養不足

健康な髪の毛は、髪の毛の表面に「キューティクル」とよばれるコーティングができています。髪の毛の栄養が不足するとコーティングが十分に働かず、とても脆い髪の毛になってしまいます。髪の毛の栄養は食生活に起因しており、偏った栄養など、食生活の乱れにより髪の毛に十分な栄養分が行き渡らず、枝毛や切れ毛が発生しやすくなります。

 

 

枝毛や切れ毛にならないためにできるケア方法

 

残念ながら枝毛や切れ毛になってしまった髪の毛を修復するのは難しく、いかに発生を抑えるかというのが有効なケア方法と言えます。

 

ブラッシングをしてから髪を洗う

髪の毛を濡らす前にしっかりブラッシングして髪の毛1本1本をほぐしておきましょう。適度なブラッシングは髪の絡みを抑え、枝毛や切れ毛予防のほか、フケやごみなども落としてくれるので抜け毛予防にもつながります。静電気が発生しない天然毛などのブラシを使うと効果的です。

 

寝る前にきちんと乾かす

髪の毛が濡れるとキューティクルが開きますが、しっかり乾かさないまま寝てしまうと、キューティクルに傷がついてしまいます。また生乾きのまま寝てしまうと、雑菌が繁殖して臭いなどの原因にもなりますので、就寝前にはしっかり髪の毛を乾かすようにしてください。

 

ドライヤーを正しく使う

ドライヤーを使う際に気を付けることは、温度と距離です。どうしても早く乾かそうと温度を上げすぎに設定しがちですが、低温で乾かせるドライヤーを使ったり、温度を低く設定したりしましょう。温度が変えられないドライヤーの場合は、できるだけ吹き出し口から髪の毛までの距離を離して使用し、高温の風が髪の毛に当たらないように注意してください。

 

一度枝毛や切れ毛が発生してしまうと、それを修復するのはかなり困難です。上記を参考に日ごろからケアを行い、これ以上発生しないように注意しましょう。また、食生活やストレス改善も見直し、内側からのケアにも心掛けてください。


PAGE TOP