傷みづらい縮毛矯正をかけるならart-noiseにお任せを

スペシャルメニュー

傷みづらい縮毛矯正

 

縮毛矯正剤は沢山の種類が美容室に販売されています。その中で傷まない薬剤って・・・・・・

 

 

 

現在、沢山の縮毛矯正剤が販売されていますが、薬液の強さや香りパッケージは違いますが

内容成分は殆ど同じです。

 

となると、サロンでどのような薬液処理をするか、前もってのトリートメント処理は、家でのホームケアはどうするのって事になります。

 

よーく、傷まない傷みづらいストレートとか縮毛矯正なんて広告をみかけますが、これ全部サロンでの方針やスタイリストさん次第なんです。

 

ですからart-noiseではまず縮毛矯正前に栄養分と水分が沢山髪に吸収するように独自で開発したシャンプーとトリートメントを使うのです。

 

傷んだ髪ほど内部がスカスカで通常よりかなり薬液を吸収しすぎる傾向にあります。ですから思いもよらないくらい薬液処理が一気に進み

かなりのダメージを受ける場合があります。そこでart-noiseでは世界で初めて毛髪改善成分として認められたあの旭化成が開発した栄養分を

使いダメージを軽減しています。もちろんスタイリストの技術力も必要になってきます。

 

ではどんなスタイリストにお願いしたらいいの。縮毛矯正の人数をこなしているサロンのスタイリストであれば間違えないです。

 

しかし、専門店での施術はあまりオススメできません。色々な状況に対応できる普通の美容室で縮毛矯正をお勧めします。

 

また、どんなに傷みづらいトリートメント処理をする美容室でもかけるのをお断りする事はあります。

 

ダメージの状況により毛髪が薬液に負けてしまう事があるからです。断る勇気を持った美容師さんに担当してもらえると鬼に金棒と

言ったところかとおもいます。しかしかけれない時があってもしっかりと髪をいたわりホームケアをする事で縮毛矯正をかけれるまでの

期間が短縮される場合もあります。そして、なるべく傷まない処理をして縮毛矯正をしてもしっかりとしたホームケアは必要になってきます。


PAGE TOP