輝くストレートヘアを実現!池袋で縮毛矯正するならこちら!

  1. HOME
  2. 特許庁も認めた縮毛矯正 アクアストレート

スペシャルメニュー

特許庁も認めた縮毛矯正 アクアストレート

満たされなかった気持ちを満たします!
「輝きの高品質ストレートづくり」の最先端技術へ
『傷まず安心』繰り返すほど良くなる縮毛矯正と改善ストレート
縮毛矯正
縮毛矯正
縮毛矯正

アクアストレート(縮毛矯正)について

アクアストレートは特許の水分補給材を使って行う、ヘアケアを行いながらストレートにする縮毛矯正です。
キチン・キト酸がキューティクルに働きかけて、 髪の毛を健やかに保ちます。
アクアストレートお客様体験談01 半沢 さと子様

今までの矯正とは違い、手触りがしっとり、つやつやな仕上がりで
感動しました。その後、毎月スペシャルメセナでケアしてもらいました。
痛ませたくない方にはおすすめです。
アクアストレートお客様体験談
アクアストレートお客様体験談02 平岡様

子供の頃から父親譲りのクセ毛で、シャンプーのコマーシャルのような髪に憧れていました。雨の日や湿気の多い日は、ふわっと広がり放題の髪でした。 Art-noiseさんの縮毛矯正に出会ってから、長年悩んでいた髪のコンプレックスも無くなり思い通りのスタイルが出来るようになり、とても満足してい ます。トリートメント効果も高いので、ヘアダイをしていても以前より髪の傷みも無くなりました。
アクアストレートお客様体験談

縮毛矯正(~アクアストレート~の特徴)

お客様の髪質にあわせたストレートが思い通りに演出できます!
(しっかりストレート、自然な仕上がりストレートを演出)
さらさら、つややかな仕上がり
トリートメント効果により、パサつきを抑える
嫌なパーマ臭が気にならない
次回のパーマ、カラー施術にも支障がない
アクアストレートの手順
毛髪診断技法決定前処理
1.毛髪診断 毛髪(軟毛、硬毛、髪の痛み具合、ストレートパーマ及び縮毛矯正歴)の確認をします。
2.プレシャンプーウエットの状態においてもくせの状態をチェックします。
3.プレトリートメント キトサンとイオンの水分補給剤で、しっかりと栄養を補給していきます。
1剤処理
4.1剤処理 センターとサイドにブロッキングし、根元1cmを除いてネープから1~2cm位のスライスでたっぷり塗布します。
5.プレシャンプー
(5分~30分、60℃以下)
タイムの目安→髪質・ダメージ度合により放置時間が異なりますので5~30分の間で設定してください。
※薬剤が根元についたり、無理に折れ曲がったりしないように注意し、ラップをして加温。
※髪が多い、また長い場合は中まで熱が均等に伝わるように各ブロックをさらに2~3つに分け、空間を作るようにしてダックカールでまとめます。
※軟化チェック方法は1本の髪を指に絡ませ手を引っ張って確認。
6.プレーンリンス
(5分~30分、60℃以下)
襟足など薬剤が残らないようにしっかりとすすぎます。
アイロン処理
7.プレトリートメント キトサンとイオンの水分補給剤で、しっかりと栄養を補給していきます。
8.ドライ 根元部分はきちんと乾かします。濡れている根元の水分が蒸発して、お客様が熱く感じます。リタッチの場合も根元をきちんと乾かしますが、毛先の乾かし過ぎに注意。
9.アイロン処理 毛髪状態に合わせ、アイロン操作はプレス、スルーの技法を行う。
2剤処理
10.2剤処理 4ブロックに分け、3cmくらいのスライスで塗布します。
※1剤は根元につけていませんが、コーミングや放置中についてたりすることを考慮して、断毛を防ぐ目的から根元から十分に塗布
11.コーミングしながら放置 2剤は過酸化水素のため、全頭塗布し終わってから放置時間は2~3分です。
12.プレーンリンス薬剤をしっかりすすぎます。
13.コンディショナー アッシドトリートメントで髪のコンディションを整えます。
仕上げ
14.スタイリング お客様のホームケアの提案としてタオルドライした髪にヘアパックと塗布しラフドライでスタイリングします。
※ヘアパックは1度にたくさんつけず、5~10プッシュ程分けて塗布。
※さらにタオルドライ後にヘアパックを軽く再塗布し、つやを与える。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

PAGE TOP